FISH PROCESSING

水産加工

ヘッドカットから内臓処理まで
自動で連続処理

ヘッダーガッター
連続処理システム
[国内・海外特許取得]
NAG-601

ヘッドカット〜内臓処理を1名で

これまでの作業では、オートヘッダー投入に1名とガッターマシン投入に1名の作業員が必要でした。
しかし、本システムではヘッドカット後の魚体を自動搬送装置でガッターマシンへ搬送します。そのためヘッドカットから内臓処理までの作業を、オートヘッダーへの投入作業者1名だけで処理できます。省人化に大きく貢献します。

内臓・卵ごときれいに回収。
メフンの除去・洗浄までを自動で処理。

作業員がラウンドの鮭をオートヘッダーに並べるだけで、ヘッドカットから内臓除去まで連続で処理します。
オスメスを問わず魚卵・白子・内臓をきれいに回収し、シャワーとブラッシングでメフンを除去。魚体の大小に関係なく、どれも同じ位置でカットされ、切り口には肉のつぶれはありません。

V型カッターできれいな仕上がり

カット後の切り口には肉のつぶれはありません

オスメス兼用

魚卵にはほとんどダメージはありません

歩留りが良い

設置スペースで選べるレイアウト

貴社工場の設置スペースにより4タイプから選択できます。
・標準型(Lタイプ、Rタイプ)
・ストレート型(Lタイプ、Rタイプ)

ヘッドカット

自動搬送〜内臓除去後


機械仕様

NAG-601 (標準型)

システム寸法 全長・・・・・3,021mm
全幅・・・・・4,000mm
全高・・・・・1,825mm
重  量 1,140kg
電気容量 200V 6.25kW
水消費量 約100L/分
エア消費量 約600L/分
処理能力 20〜30尾/分 ※作業員の機械への投入量により異なる
ヘッダーガッター連続処理システム
に関するお問い合わせはこちらから