FISH PROCESSING

水産加工

三次元カットで
面と長さが揃ったきれいな切身を製造

高性能切身ロボットプロフェッショナル
ジュニア
[特許出願中]
NPJ-3000

切身加工作業の現状と問題点

鮭切身は切身職人が経験を元に同じような大きさや重量でカットしています。しかし、職人の高齢化や後継者不足により現在ではその数が相当減少しています。
切身職人の代わりは難しく、独自の切り方やスピードは素人では至難の技です。スーパー等で鮭切身の需要が多いなか加工場様の機械導入は当たり前の時代になっています。

職人さん不足
経験が必要
処理量
歩留り

高速高精度の三次元定貫切身装置

操作は簡単で、魚体重量を計りセットするだけで、三次元カットにより面と長さが揃ったきれいな切身が、業界トップクラスの毎時実働3,100切の高速処理で製造できます。もう、切身職人さん無しでも大量生産が可能になります。

三次元定貫カットできれいな切身を

紅鮭・銀鮭・秋鮭・トラウトなど、魚種が変わっても特別な操作は必要ありません。本装置にプログラムされている魚体形状パターン(魚種5種・厚み各3種・幅各3種から選択、全10テーブル)を選択し登録するだけ。微調整も可能です。

業界トップレベルの処理能力を実現

処理能力:実働3,100切/時

フィレをランダムに投入できます

フィレ投入前に大きさを揃える、といった前処理の必要はありません。
そのまま本装置にセットするだけで、きれいな切身が製造できます。

カッターの旋回・傾斜角度が広い

旋回角度120°、傾斜角度60°までの三次元カットによって、面と長さが揃ったきれいな切身を製造することができます。

コンパクトサイズの定貫切り装置

使用する魚体が変わっても特別な操作の必要なしで、誰でも簡単に作業することが可能です。

(使用例)紅鮭

(使用例)トラウト

(使用例)銀鮭

(使用例)秋鮭頭付

(使用例)銀ダラ

機械仕様

NPJ-3000

機械寸法 全長・・・・・1,966mm
全幅・・・・・1,056mm
全高・・・・・1,612mm
重量 500kg
電気容量 200V 3kW
エア消費量 0.75kW
切断旋回角度 +60°〜−60° (まな板垂直方向に対し)
切断傾斜角度 30°〜90° (まな板に対し)
魚体最大寸法 長さ60mm以下、厚さ50mm以下
処理能力
実働3,100切/時
※15切以上/フィレの場合
※1枚のフィレからスライスする枚数により異なります。
プロフェッショナルジュニア
に関するお問い合わせはこちらから