新着情報

海氷が第7回ものづくり日本大賞「内閣総理大臣賞」を受賞

 株式会社ニッコー(以下ニッコー)は、このたび、第7回ものづくり日本大賞※において連続式シルクアイスシステム海氷が、内閣総理大臣賞(製品・技術開発部門)を受賞しました。
ものづくり日本大賞の「製品・技術開発部門」の内閣総理大臣賞は、高度な技術課題を克服し、従来にない画期的な製品・部品や素材の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰するものです。ニッコーが内閣総理大臣賞を受賞するのは今回が初となります。

 今回の受賞にあたり、「漁獲後すぐに急速冷却するための船舶搭載型のシャーベット状氷(シルクアイス)製造機を開発。従来困難とされてきた小型の漁船にも搭載できるコンパクトな設計で、海水を利用した製氷を短時間かつ大量に実現できるようにした」技術が評価されました。

【受賞概要】
[受賞件名]
漁獲物を獲れたての鮮度で保持するための船舶搭載型シャーベット状海水氷製造機の開発
[受賞者]
佐藤  厚(株式会社ニッコー 代表取締役)
菊野 博明(株式会社ニッコー 執行役員システム部部長)
輪嶋  史(株式会社ニッコー 営業第一部課長 札幌営業所長)
稲田 孝明(産業技術総合研究所 省エネルギー部門熱利用グループ研究グループ長)
吉岡 武也(北海道立工業技術センター 研究開発部 主任研究員)

 ニッコーでは、今回の受賞を励みに今後も技術向上に邁進し、創業からの会社方針である「顧客ニーズに対応したものづくり」に挑戦してまいります。

kaihyo_image_photo

※ものづくり日本大賞は、日本の産業・文化の発展を支え、豊かな国民生活の形成に大きく貢献してきたものづくりを継承・発展させることを目的に、経済産業省が、国土交通省、厚生労働省、文部科学省と連携して、ものづくりの現場で活躍し、新たな付加価値を提供できる人材を顕彰する内閣総理大臣表彰です。2005年に創設され、今回で7回目を迎えます。
ニッコーではこれまで第1回ものづくり日本大賞、および第6回ものづくり日本大賞で経済産業大臣賞優秀賞を受賞しております。

詳しくは「ものづくり日本大賞」ウェブページhttp://www.monodzukuri.meti.go.jpをご覧ください。